大阪の転勤が子育ての環境に適していない3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪に転勤...となると、特に小さな子供がいる家庭にとっては不安も大きいものです。

大阪と言うとどの都道府県と比べても独特な雰囲気があり、あまり良いイメージを持っていない人も少なくありません。

親が望む

  • 安全な環境での子育て
  • のびのびとした子育て
  • 子供の将来を考えた子育て

が出来ないのではないか、と不安になるのは、一体何故なのでしょうか。

大阪が子育ての環境に適していない理由

大阪は子育ての環境に適していないと思う理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

治安が悪い

大阪は治安が悪い、と思っている人はたくさんいます。

残念ながらこれは事実で、全国で最もひったくりや車上荒らしといった軽犯罪が多いのは大阪です。

しかし実際に犯罪が発生する確率としては東京とほとんど変わりませんし、大阪の人に悪い人が多いというわけでは決してありません。

そうでありながらなぜ、大阪ばかりが「治安が悪い」というイメージを持たれてしまうのかは謎ですが、いずれにしろそのようなイメージの強い環境で子育てをしたいと思う人はあまりいないでしょう。

もちろん大阪と言っても地域によって治安の良し悪しは全く違いますので、子育てしやすい街も存在しています。

大阪に転勤が決まった場合は、出来るだけ治安が良いと言われている街を探すようにしてください。

マナーが悪い

大阪人は商人気質が抜けずにせっかちな人が多いと言われています。

もちろん全員というわけではありませんが、交通マナーが悪い人が多く、子供を安全な環境で育てたいという親にとっては心配になることも多いでしょう。

飲酒運転が多いのは人情に厚くお酒を断れないから。
横入りが多いのはみんなが温厚で譲り合うから。

と言う人もいますが、ルールを守れないのはやはり問題です。

親が馴染めない

大阪以外に住む人から見た大阪人のイメージには次のようなものが挙げられます。

  • せっかち
  • 口調がきつい
  • 面白いことが好き
  • 情に厚い

そんな生まれたときから大阪に住んでいる人たちの中に、他からやって来て馴染むまでには時間がかかってしまいます。

中には「大阪は苦手だ」と思っている人もいるでしょう。

親がそう思って暮らしていれば当然、子育てもしにくくなります。

子育ては1人でするのは難しいものです。
周囲のサポートや温かさに触れながらでないと、なかなか常に前向きな気持ちで子育てすることは出来ません。

大阪が子育てに適していないと思うのは、そういった親の気持ちの問題もあるのかもしれません。

最後に

転勤が決まり大阪に引越しすることが決まったときにまず考えなければならないことは、子供のことです。

どこへ行っても子供にとって最良の子育てが出来るように、親として考えてあげなければならないことはたくさんあるでしょう。

大阪でも親にとっても子供にとっても幸せな生活をスタートさせることが出来ますように。

カテゴリ:転勤する場所