引越しが楽!転勤族の家庭に必要な家具と選ぶ時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族の家庭は数年に一度引越しがやってきますので、引越しを少しでも楽にできる方法を絶対に知っておくべきです。

新生活のスタートをスムーズなものにするためにも、引越しにかかる手間や苦労は最小限にしておきましょう。

転勤族の引越しを楽にするために必要な家具と選び方

転勤族の家庭にあった方が良い家具とはどのようなものなのでしょうか。

また、家具を選ぶときの注意点もまとめてみました。

転勤族の家庭に必要な家具

■タンスの代わりに収納ケース
タンスがあれば洋服や使っていないものを収納しておけるので大変便利ですが、次の引越し先にタンスを置けるスペースがあるかどうかは分かりません。

また、クローゼットや押し入れなどの収納が充実しているためタンスは必要なかった、という可能性もあります。

そうなると使わないタンスをどうするか、という問題が出てきます。

転勤族の家庭の場合は最初からタンスを用意せず、プラスチックの収納ケースを使用することをおすすめします。

そうすればタンスが無駄になることもありませんし、引越しのときはガムテープで留めるだけでそのまま運べるので楽に済みます。

■両開きの冷蔵庫
引越し先によって台所の間取りも変わってきますので、片開きの冷蔵庫だと配置する場所に限りが出てしまう可能性があります。

どちらからでも開けられる両開きの冷蔵庫にしておけば、どんな台所にも対応できるのでおすすめです。

■組み立て式ベッド
ベッドはかなり大きくて引越しの際に運ぶのが大変になりますので、組み立て式のベッドを選ぶようにしましょう。

大きいものは運ぶ手間がかかる分、料金も高くなってしまいます。

また、引越し先によってはベッドが置けないという場合も考えられますので、バラして保管しておけることを考えても組み立て式が良いでしょう。

家具選びの注意点

■小さめの家具を選ぶ
テレビ台やソファ、テーブル、ベッドなどの家具はなるべく小さいサイズのものを選ぶようにしてください。

あまり大きな家具だと玄関から運び入れることが出来ない場合もあります。

大きな窓が付いている家とも限りませんので、大変なことになってしまいます。

■あまり高価でないものを
引越し屋さんはプロとは言え、絶対に家具に傷を付けたり壊したりしないという保証はありません。

何度も引越しを繰り返しているうちにお気に入りの高価な家具が傷だらけになってしまった...というケースも少なくありません。

よほどこだわりがある場合は仕方ありませんが、出来るだけ安い家具で揃えるようにしましょう。

■独特なデザインは避ける
奇抜なデザインや独特のデザインの家具は家の雰囲気によって全く合わないという可能性があります。

どんな家にも合うような、出来るだけシンプルで無難なものを選ぶのが一番です。

最後に

何度も引越しを繰り返す転勤族の家庭にとって、家具選びはより慎重に行わなければなりません。

引越しのたびに後悔することにならないよう、よく考えてじっくり選びましょう。

カテゴリ:引越し