転勤で引越しを繰り返しても心が折れない4つのテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族の人は辞令が出るたびに引越しを繰り返していますので、そのたびに時間と労力とお金をかけて引越しすることに精神的にまいってしまうこともあるようです。

せっかく今の土地に慣れたと思ったらまた引越し...。
そんなときでも心が折れずに済む、引越しのためのテクニックをご紹介します。

引越しを繰り返しても心が折れないテクニック

安く引越す

転勤による引越しには会社から必要な手当てが支給される場合もありますが、もちろんそれだけでは足りない場合もあるでしょう。

引越しのたびにお金をかけていたら、辞令が出るたびに憂鬱な気持ちになってしまいます。
ここはひとつ、安く引越しが出来るテクニックを身につけておいてください。
まず引越し業者はインターネットの一括見積もりサービスを利用してしっかりと比較し、一番安く済む業者を選ぶことです。

さらに安い曜日や時間帯を指定したり、営業マンに直接値引き交渉をしてみてください。
こちらは複数の業者を比較しているわけですから、そのことをチラつかせれば意外と安くしてくれる業者もあるようです。

また、無料サービスの段ボールを断ることで料金は安くならないのか、自分で荷造りや荷ほどきをした際にはどのくらい料金が安くなるのか、等も確認しておきましょう。

楽に引越す

引越しは大変な労力を使うもの、と思っていたら、何度も引越しなんてやってられません。

「安く引越す」ことも大切ですが、「楽に引越す」ことを考えることの方が重要かもしれません。
安いことにこだわらないなら、荷造りや荷ほどきを業者がやってくれるパックを選んだり、旧居の掃除をプロの掃除業者に依頼したりしても良いでしょう。

お金をかけずに楽に引越したいなら、荷造りや荷ほどきを簡単に済ませるコツを身に付けたり、あらかじめ荷物を増やさないように気をつけながら暮らす、などの努力が必要になります。

荷造りのコツを身につける

引越し費用を抑えたいなら自分で荷造りを行うのが一番ですが、これが引越し作業で最も時間がかかり、大変な作業です。
転勤族のように何度も引越しを繰り返すなら、上手く荷造りをするコツを身につけた方が良いでしょう。

  • 段ボールの大きさを揃える
  • 荷物を詰めたら3面に大きく中身を書いておく
  • すぐ使うものは赤字で中身を書いておく
  • 重いものを下に、軽いものを上に詰める
  • すぐに使わないものから詰めていく

これだけでも荷造りは断然楽になるはずです。

気持ちを切り替える

引越し作業の問題が解決したあとは、心の問題です。 せっかく今住んでいる土地に慣れて愛着を感じるようになったのに、また引越しして一からやり直さなければならない、と思うのはもうやめてみてはいかがでしょうか? 「また新しい出会いがある」、「人生をもう一度リセット出来る」と前向きに考えるようにするだけでも、ずいぶん気持ちは楽になるはずです。 転勤族の人は他の人には出来ない経験がたくさん出来る、とポジティブに考えるようにしてください。

関連リンク

はじめてのホームセキュリティ
新しいマンションには、ホームセキュリティを導入してみてはいかがでしょうか?
セコムやアルソックなど、最近のホームセキュリティのサービスは非常に上がっており、いざというときの防犯対策としても効果的です。

カテゴリ:引越し