転勤が決まってから引越しまでの流れを100%スムーズにする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤は辞令が出てから引越しまでの期間が短いのが普通なので、転勤が決まったらまず何をしていいのか分からない、という人も多いでしょう。

転勤が決まってから引越しまでの流れを把握して、スムーズに新生活を始めたいものです。

転勤が決まってから引越しまでの流れ

物件探し

転勤の辞令が出てまず最初にやらなければならないことは、新居となる物件探しです。

転勤の場合は物件を用意してくれる会社もありますが、そうでない場合は自分で探さなければなりません。

引越し先が遠い場合でも一度は自分の目で物件を見て決めたいものですから、簡単な作業ではありません。

もし会社で物件を用意してくれるなら早いもの勝ちということになるでしょうから、一刻も早く選ぶ必要があります。

引越し日を決めて、業者に連絡

着任日に合わせて、早急に引越し日を決める必要があります。

日取りを決めてしまわなければ引越し業者に依頼することも出来ませんので、引越し準備が進みません。

引越し業者はネットの一括見積もりサービスを利用すると便利です。
自宅にいながらパソコンに必要事項を入力するだけで、一度に複数の引越し業者に見積もりを依頼することが可能なのです。

どの業者が一番安いのか、どのようなサービスが付いてくるのか、しっかり確認しておきましょう。

各種手続き

引越しまでに済ませておかなければならない手続きはたくさんあります。

住民票の転出届、子供の転校手続き、郵便局への住所変更、電話・電気・ガス・水道局への連絡、プロバイダの移転手続きなどが主なものです。

早めに済ませておかないと引越してからも料金を請求される場合がありますので、忘れないようにしてください。

荷造り

荷造りの前にまず荷物を少しでも減らすことから始めてください。

1年以上使っていない不要品は処分し、新居で使わないと思われるものはリサイクルショップに売ったりしてお金に換えておきます。

荷造りは普段使わないものからどんどん段ボールに詰めていきましょう。
段ボールには中身が何かを大きく書いておくことで、荷ほどきがスムーズに進みます。

近所へ挨拶回り

引越しが近づいてきたらご近所に挨拶に行きましょう。

特に引越し当日は騒がしくなり迷惑をかけることになりますので、あらかじめ一言お詫びをかねて、「お世話になりました」と挨拶します。

ここできちんと挨拶をしておくかどうかで、ご近所からの印象は大きく変わりますよ。

最後に

急な引越しが決まると慌ててしまって何かと失敗するものです。

後で後悔しないためにも、転勤の可能性がある人はいつ引越しになっても良いように心の準備だけはしておくと良いでしょう。

引越しがスムーズに済めば、新生活も気持ち良く始められそうな気がするものです。

引越し当日は貴重品の管理をしっかりと行い、忘れ物がないか必ず確認してくださいね。

関連リンク

お酒を飲み過ぎると次の日に襲ってくる2日酔いの恐怖、、、少しでも和らげたいものです。
2日酔いの予防方法と対策法はどのようにすればよいか、まとめました。
2日酔い防止マニュアル

カテゴリ:引越し