転勤による引越し後にやらなければならない手続きについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の転勤の辞令で慌てて引越しの準備をしてきたけれど、何とか引越しも無事終わり、新生活のスタート...と安心しきってはいけません。

引越しが済んだ後にもやっておかなければならない手続きはたくさんあるのです。

これを忘れたら新生活もなかなか軌道にのりません。

引越し後に必要な手続き

転入届

前に住んでいた市区町村に転出届を提出した際に、「転出証明書」というものが発行されているはずです。

この「転出証明書」は新しく住む市区町村に転入届の手続きをする際に必要になりますので、大切に保管しておいてください。

転入届の手続きは引越し後14日以内にしなければならないので、わすれずに市区町村役場に行くようにしましょう。

このとき、子供手当の変更手続きも済ませてくることをおすすめします。
印鑑と身分証明書が必要になりますので、忘れずに。

電気・ガス・水道

引越し前に各営業所に引越しの連絡をしていると思うので、引越し後には使用を開始する手続きが必要になります。

電気は新居のブレーカーをONにするだけですぐに使用可能です。
引越しの翌日にでも、備え付けられている「電気使用開始申込書」に必要事項を記入して投函してください。

ガスに関しては元栓を開ける作業に電力会社の係員が立ち会う必要があるので、あらかじめ引越しの日に来てもらえるように予約しておいてください。

水道については地域によって違いがあるようなので、直接電話して確認してみましょう。

印鑑登録

前に住んでいた市区町村で印鑑登録の廃止手続きをしているはずなので、新しく住む市区町村役場で再度、印鑑登録手続きを行う必要があります。

手続きは引越し後14日以内に行う必要があるので、転入届の手続きと一緒に済ませるようにすると一度で終わります。

こちらの手続きにも印鑑と身分証明書が必要です。

キャッシュカード・クレジットカード

すぐに住所変更手続きの必要がない分、キャッシュカードやクレジットカードは引越し後も放置している人が多いようです。

郵便局が旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してくれるサービスも引越し後1年までですから、その後はカードの利用明細や銀行の親展書類などが届かなくなってしまいます。

住所変更手続きは銀行の窓口に行く場合や、インターネットで手続き出来る場合もありますので、確認してみてください。

運転免許証

運転免許証は住所変更していなくても無効になることはありませんので、ついつい住所変更を忘れてしまう人も多いようです。

しかし免許証は身分証明書にもなる大切なものですから、忘れないうちに変更手続きをしておくことをおすすめします。

住所変更手続きは警察署や運転免許センターで行ってください。

最後に

これらの手続きが済んで、やっと新居での通常生活のスタートです。

転勤族の皆さんは引越しのたびに手続きを繰り返すわけですから大変なことだと思いますが、一度やってみればそれほど面倒なことではないということが分かるはずですから、くじけずに頑張ってください。

カテゴリ:引越し