転勤を拒否したいときに使える理由ランキングTOP5

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤は家族全員の問題ですから、出来ればしたくない、という人は多いでしょう。

しかし転勤は会社が決めることであり、転勤の可能性があることを理解した上でその会社に入社した以上、よほどの理由がない限りは従わなければなりません。

もちろんその理由が「正当なもの」であるかどうかを判断するのはそれぞれの会社であり、転勤を拒否したことで解雇されたり出世コースから外される、という例も少なくありません。

転勤を拒否したいときに使える理由

「正当な理由」とみなされるかどうかは分かりませんが、転勤を断る理由として使ってみる価値のあるものを挙げてみました。

親の介護

親の介護問題で転勤拒否を認めてもらえるケースは割と多いようです。

例えば認知症の親と同居しており、環境の変化を医者が「良くない」と判断したときや、家での介護は難しく、施設への入居待ち状態であるときなどは、転勤の中止や延期を考慮してもらえる場合があります。

また、転勤によって単身赴任を余儀なくされるため、妻1人では親の介護が難しくなることなども転勤拒否の正当な理由として認められることもあるようです。

病気の家族の看護

妻や子供が通院や入院の必要がある大きな病気を抱えている場合も、転勤拒否の理由として相談してみるべきです。

特定の病院にかかっていて、転勤することでその病院に通うことが困難になったり、転院することで病気の治療に対して不安が生じる、といった理由があれば、認めてもらえる可能性はあります。

障害のある子供の養育

子供が知的障害や身体的障害を抱えており、療育のための施設に通っている場合、転勤によって新しい土地で新たな療育施設を探すことは困難です。

また、環境の変化に適応が難しい場合もありますので、転勤に対して著しく不安を抱えている事情があれば、会社に相談してみる価値はあるかもしれません。

自分自身の持病

本人がうつ病などの持病を抱えている場合は、転勤拒否が認められるケースもあるようです。

特定の病院や施設で持病の治療を行っているため、転勤先から通うことが難しいという理由があれば、考慮してもらえるかもしれません。

金銭的な問題

転勤によって金銭的に大きな問題が生じる、という理由も使えることがあります。

例えば自分が転勤することで妻が仕事を辞めなければならず、生活が困難になるだとか、単身赴任することで二重生活を送ることになり、金銭的に厳しくなる、ということを切実に訴えることで、認められる可能性は考えられます。

最後に

いずれの理由を使うにしても、しっかりと会社側にその理由が真実であることを証明出来なければなりません。

会社員が転勤を拒否するということは簡単なことではありませんので、それだけの理由であることを明らかにして分かってもらう必要があるでしょう。

慎重に考えて、会社側とじっくり相談してみてください。

カテゴリ:転勤の断り方