急な引越しはもう嫌だ!転勤族の奥様の悩みごとBEST5

このエントリーをはてなブックマークに追加

夫に突然転勤の辞令が出て、見知らぬ土地で暮らさなければならなくなるのは転勤族の奥様の使命。

しかし急な引越しを何度も繰り返すことに、不安も悩みもたくさんあるでしょう。

中には転勤が嫌で離婚を考えたことがある、という奥様も少なくないようです。

転勤族の奥様の悩みごと

長く付き合える友達が出来ない

せっかく頑張って友達を作って、長く付き合っていきたいと思えるほど仲良くなったと思ったころにはまた転勤で引越し...。
そしてまた新しい土地で友達作りから始めなければならない...。

そんなことを繰り返しているうちに、だんだん友達を作るのも面倒になってくるようです。

「どうせ仲良くなってもまた引越すし...」と思うようになり、友達作りに積極的になれなくなってしまうのです。

しかし逆に言うと、転勤のたびに新しい土地で友達が作れるのですから、最終的には各地に友達がいる...と思えば素晴らしいことではないでしょうか?

子供が学校に慣れるか不安

転勤で引越しとなると、気になるのは自分のことだけではありません。

子供に今の学校のお友達とお別れさせるのは胸が痛みますし、新しい学校に慣れてくれるまでは親としても不安がいっぱいでしょう。

しかし親が思っている以上に子供は切り替えが早いもので、新しく学校に通い始めたら、すぐに新しいお友達を作ってくれるはずです。

いろいろな土地、いろいろな学校、いろいろなお友達との出会いを経験出来ることの貴重さを、どうか教えてあげてください。

マイホームを持てない

転勤族の場合、ある程度のところまでいったら夫には単身赴任してもらうしか、マイホームを持つ手はありません。

単身赴任を考えていないなら、いつまでもマイホームを持つことは出来ないのです。

社宅に入れる会社なら問題ないのかもしれませんが、子供が自立して夫婦2人になったときに、賃貸住まいだったら...と考えると、やはりいつかはマイホームを手に入れたいものですよね。

転勤になったらなったで売却するしかない...と腹をくくって思い切ってマイホームを購入するしかないでしょう。

定職に就けない

外に働きに出たい奥様にとって、転勤族だと一時的にしか働くことが出来ないのが大きな悩みです。

せっかくスキルアップしたくて頑張って定職に就いたのに、夫の転勤で辞めなければならない、となると残念です。

派遣という形なら短期間でいろいろな会社で働くことを経験出来るので、転勤族の奥様には向いているかもしれません。

子育てに不安がある

転勤族の場合、近くに実家がないので、子供が小さいうちは子育てに不安がある、という奥様が非常に多いようです。

しかし「頼れるのは家族しかいない」と思うことで、家族の絆がいっそう深まる、ということもあるかもしれませんよ。

最後に

この他にも、転勤族の奥様の悩みごとは尽きません。

しかしいっそのこと転勤族であるからこそ経験出来ることもたくさんある、とポジティブに考えることで、繰り返す引越しを楽しむことが出来るのではないでしょうか。

カテゴリ:転勤の基礎知識