転勤族の主婦でも働ける『潰し』が効く5つの仕事とパート

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代は女性でも一生仕事に困らない、いわゆる「潰しの効く」仕事に就きたいと願う人がたくさんいます。

それが転勤族の家庭の主婦であれば尚更ではないでしょうか。

夫の転勤でいつどこに引越しをすることになっても困ることのないような仕事やパートには、どのようなものがあるのでしょうか。

転勤族の主婦に人気の潰しが効く仕事とパート

転勤族の家庭の主婦が仕事をするに当たって重要視したいことは、潰しが効く仕事であること、そして需要があること、の2点です。

医療事務

医療事務は今や主婦に人気ナンバーワンの仕事です。

資格さえ持っていれば職場が変わってもどこでも働くことが出来ますので、例え何度も引越しを繰り返す転勤族の主婦でも、病院がある地域なら仕事に困ることはありません。

どんな企業でも倒産する可能性はありますが、病院がなくなるということはありませんので、一生の安定を手に入れることが出来ます。

正社員としてだけでなくパートとして限られた時間のみ働くという方法を選ぶことも出来ますので、家事や育児と両立させたいという主婦にも大変おすすめです。

保育士

夫婦共働きの家庭が急増している時代ですので、子供を保育園に預けたいという親御さんは全国に溢れかえっています。

どこの地域でも保育士は不足していますので、重要の点ではまず間違いなく心配はありません。

保育士の資格があれば保育所だけでなく託児所や児童養護施設などで働くことも出来ますので、かなり潰しの効く仕事と言えるでしょう。

介護事務

介護の仕事がしたいけれど体力的な自信がない...という人におすすめなのが、介護事務の仕事です。

基本的にデスクワークなので何歳になっても続けられるところが魅力です。

介護事務は資格試験の難易度も低いので、比較的簡単に資格を取得することが可能です。

管理栄養士

管理栄養士は全国どこへ行っても仕事に就けるのが魅力です。

病院や施設、レストラン、学校、寮など幅広い場で活躍することが出来るので、資格を持っていれば仕事に困ることはありません。

自分の家族の栄養管理も出来るので、主婦に人気の仕事です。

調理師

管理栄養士同様、調理師なら飲食店に限らず、学校や病院など様々な分野の職場で働くことが出来ます。

例えどこに引越すことになったとしても、働ける場は必ず見つけることが出来るでしょう。

アルバイトやパートとしても働きやすいので、無理のない程度に働きたいという主婦にピッタリです。

最後に

潰しの効く仕事に就くためには、やはり資格を取得することが必要不可欠です。

自宅に居ながら資格が取れる通信講座を利用すれば初心者でも勉強の仕方や試験の受け方を簡単に知ることが出来るので、ぜひチェックしてみてください。

引越しをするたびに一から仕事探しをしなければならない苦労は、もう必要なくなりますよ。

カテゴリ:転勤の基礎知識