福岡への転勤で選ぶべき住みやすい地域と賃貸住居

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族が答える「住みやすいと思う都道府県」では、福岡がナンバーワンなのだそうです。

理由としては、

  • 自然と都会のバランスが程よい
  • 食べ物が美味しい
  • 交通手段が豊富

などが挙げられています。

その福岡に転勤が決まったら、引越すのも楽しみになりそうですよね。
では、福岡の中でも「住むならここ!」と言える住みやすい地域は一体どこなのでしょうか。

福岡で住みやすい地域と賃貸住居

福岡県内で住みやすい地域と、選ぶべき賃貸住居の条件をまとめてみました。

福岡で住みやすい地域

■糸島
2010年に合併によって誕生したばかりの糸島市は、福岡県の西部に位置します。

まさに海と山の両方の景色が楽しめる田園地帯として、「福岡で最も住んでみたい地域」に選ばれているようです。

自然に囲まれているだけでなく、その利便性の高さも特徴です。

福岡中心部である博多駅や福岡空港にも直通でアクセスできるので、住んでいてとても便利な地域となっています。

■天神
九州最大の繁華街と呼ばれている天神地区には百貨店や商業施設が非常に多く、国内だけでなく海外からの観光客も数多く足を運んでいます。

ショッピングやグルメを始め、あらゆる娯楽を楽しむことが出来る天神地区は交通の便も良いので、住みやすい地域と言えるでしょう。

■姪浜
地下鉄天神駅からも博多駅からも数十分で行ける西区姪浜は、程よく都会でありながら自然を身近に感じることが出来る住みやすい地域です。

海水浴場やキャンプ場も近くにあるため、家族で住むには大変おすすめです。

大型のスーパーやショッピングセンターも充実しているので、主婦にとっても便利な地域と言えるでしょう。

■西新
西新地区は福岡市西部最大の繁華街であり、有名な小中高校も揃っているということで転勤族に人気の地域となっています。

街は庶民的な雰囲気でありながら高級感にも包まれており、実際に西新に住んだことのある人は口を揃えて「住んで良かった」と答えているようです。

賃貸住居を選ぶときのポイント

■周辺環境に注目する
特に小さな子供がいる家庭の場合は、周辺に日常的に利用できるスーパーや病院、公園、幼稚園や学校があるかどうかを確認しておきましょう。

■駅から遠い物件を
駅から遠ければ遠いほど家賃は安くなります。

予算内でよりよい物件を見つけたいなら、駅近にこだわらずバスを利用することを考えてみてください。

■実際に内見する
転勤が決まって忙しいときになかなか現地まで足を運ぶことは難しいかもしれませんが、実際に目で見てみないと分からないことはたくさんあります。

部屋の雰囲気はどうか、間取りは条件に合っているか、日当たりはどうかなど、自分自身の目で確認してから決めてください。

最後に

福岡は適度に都会でありながら自然とも身近に触れ合える魅力的な街です。

せっかく福岡に転勤になったなら、より住みやすい環境で素晴らしい新生活をスタートさせたいものですよね。

カテゴリ:転勤の基礎知識