住宅ローン返済中の転勤 リロケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤で遠方に引っ越しとなれば、引っ越し先での住居費は、社宅に居住すれば優遇された家賃で済むか、あるいは全額とはいわないまでも、かなりの割合を会社側が負担してくれるのが一般的です。

もともとの住居が賃貸であれば、転勤先での居住費はそれまでよりかなり安く抑えられる事になりますから、問題はありませんが、こと住宅購入後、しかも住宅ローンの支払い中に転勤で引っ越しということになりますと、いくら転勤先の家賃が安く済むとはいえ、住宅ローンの返済は中断するわけにもいかないので、確実に出費はふえることになるでしょう。
住宅ローンをかかえての暮らしは、それだけで大変というのに、更に支出が増えるのです。しかも、購入間もないピカピカの家をそのままにして行くつらさはいかばかりか・・・。

少しでも住宅ローンの負担を減らしたい場合は、リロケーションという方法があります。
簡単にいってしまうと、住宅を賃貸に出すのです。

通常の賃貸契約ですと、契約期間が満了すると更新という方法がとられて賃貸が継続していきますが、貸主側からの契約終了はできません。
一旦借り手がついてしまうと、その借り手が住み続ける意志がある限り、住居を明け渡してもらう事ができません。

これでは、転勤を終えて、戻って来た時に自分たちの住む家がなくなってしまいます。

リロケーションではあらかじめ賃貸契約の期限を決めて、それでもかまわないという借主さんと契約する賃貸契約です。

いざ、賃貸にだすとなれば、通常の賃貸物件と同じく、借り手がつくようにリフォームなりクリーニングなり、場合によっては、給湯器や便器などの設備を新調しなくてはなりません。
この費用の額は住宅の状況により、大きく違ってきますが、もし購入後間もない物件であれば、まだ綺麗で設備も最新のものでしょうから何年も住み続けた物件と比べて費用はうんと安く抑えられます。

リロケーションを扱っている不動産会社に問い合わせると、まず営業の人が査定にやってきます。

場所や築年数など考慮した相場の金額を出してくれますから、結局それに従うことになります。

もちろん、より早く借り手がつくように、その査定額よりも金額を安く抑えることは自由ですが、出された査定額よりも高い金額での募集はしぶられます。

自分の住宅がいくらで賃貸に出せるのか、わざわざ家に来てもらわなくても、築年数と部屋の広さ、住所、また賃貸可能期間から簡易的に金額を出して郵送してくれるところもあります。
また、インターネットのホームページ上で簡単な金額を表示してくれるところもあります。

査定額は、通常の賃貸の場合の家賃の相場よりも、賃貸出来る期間が短くなればなるほど割安の査定となります。

この査定金額は、会社によってバラつきがありますから、実際に査定をお願いする会社を何社か絞りこむ際の参考にすると良いと思います。

リロケーションを請け負う会社は、沢山ありますが同時募集が可能な会社や、礼金分や更新料は不動産会社側に全て支払わなくてはならない等、会社によって様々なシステムになっています。
同時募集とは、同時に違うリロケーション会社数社から同時に募集を行える募集方法です。
できるだけ沢山の人から募集したい場合にはとても魅力的なやり方です。

しかし、同時募集の条件として、募集家賃を同額にする必要があります。
なるべく高い家賃で、より早く借り手がつくことが望ましいのですが、どちらかの家賃設定を高く、どちらかを低くして、反響を比べるような事はできません。

残念ながら、調べてみると、実際同時募集を可能のしている会社は少なく、大抵は「ウチだけでお願いします。」といわれるところがほとんどです。
募集をかけてもらえる物件募集先が多い会社が可能とうたっている場合が多いようです。

借り手のつきやすさには少なからず影響してしまいますが、借り主について、色々な条件を付ける事もできます。
ペットの飼育や、ピアノの搬入の可否は、管理組合の規約にもあるところですが、独自に「たばこ不可」とか「幼児不可」とかいった条件も設定できるようです。

家賃収入については、たいていは、設定した家賃から、その家賃の何パーセントかを不動産屋さん側に手数料とし差し引かれて、自分の口座に入金されることとなります。

この手数料率も会社によって色々ですので、何社か資料を取り寄せて検討することはとても大切です。

賃貸に出す前のリフォームについては、不動産会社各社で手配できるところがほとんどです。
自前でリフォーム会社を探して済ませてしまっても良いのですが、壁紙、フローリング等は、頼んでしまった方が、面倒がないかと思います。

引っ越し前に生活しながら、施工を終わらせてしまえるようなリフォームでしたら良いのですが、その住居に住み続けられないほどの遠方への引っ越しなのですから、なかなかリフォームの為に立ち会うような事出来ないでしょう。

マンションですと、リフォームについての管理組合の規定なども細かくありますし、その後の募集についてもリロケーション会社が必要としますので、この規約のコピーはリロケーション会社側に渡してしまうことになります。

リロケーションの会社に頼んでしまえば、引っ越し後に物件をすべてお任せしてしまえば、リフォーム規定も基づいて、施工をすすめてもらえます。

壁紙や床材などのリフォーム代金は、普段自宅に広告として入ってくるチラシなどで目にする金額のものとは別に、「賃貸用グレード」なるものが存在します。

自分たちが住むためのものと、賃貸専用のものではグレードが違うらしいので、帰任後にそのままで住むというのでなければ、賃貸用の材料で安くすますという方法もあります。

因みに、給湯器や便座、ガスコンロなどは、引っ越し前に量販店などで購入したほうがコストはうんと安く抑えられます。
不動産屋さんの設備器機等は、基本的に定価であるので、全く同じ型の物であっても、量販店の金額程には、どうしても安くはできないようです。

こちらもどうぞ!
安全な住宅ローンの組み方

関連リンク

結婚相談所で業界最大規模を誇る、楽天グループのオーネット。
2chの口コミを中心にまとめました。
アラサーや本気で結婚を考える人たちばかりが集まるから、成婚率も断然高いんです。
【オーネットのクチコミ】2chまとめ

企業の主要取引先銀行に、ネット銀行が使われる時代になりました。
振込手数料は安く、預金金利は高く、そしてなによりもインターネットですべての取引が完結する便利な銀行です。
ネットバンクの法人向け口座が出来る銀行をまとめました。
法人口座開設ができるネット銀行

カテゴリ:リロケーション