単身赴任生活を始めるにあたっての4つの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任と聞くと様々な問題が予想されます。

  • 1人暮らしへの不安
  • 家族と離れる寂しさ
  • 健康管理への不安
  • 浮気問題

そんなマイナス面ばかりが思い浮かぶ単身赴任ですが、あらかじめいろいろなことを想定して工夫することで、充実した生活を送ることも可能です。

単身赴任生活を始めるときの注意点

単身赴任生活を始めるときには、次のポイントを決して忘れないようにしてください。

物件は吟味して探す

辞令が出てから引越しまであまり時間がないかもしれませんが、新居の物件探しを適当に行ってしまうと後で後悔することになります。

会社からの距離や交通の便、騒音問題などをしっかりと考えて、慎重に物件を探してください。

「寝に帰るだけなのでどんな部屋でもいい」と思って探すと、実際に生活が始まってから困ったことがどんどん出てきてしまいます。

生活に快適さを感じられなくなると仕事にも集中出来なくなり、精神的にも悪影響です。

最近は自宅にいながらインターネットで簡単に物件探しが出来ますが、必ず一度現地に足を運んで実物を下見しておくことをおすすめします。

引越しは安く済ませる

単身赴任で一番の問題として浮上するのが、経済面です。

家族との二重生活が始まるわけですから、今まで以上にお金がかかるようになるということを忘れないでください。

特に引越しの際は新しい家具や家電などを揃える必要もあるので出費がかさみます。

引越し業者を決めるときはしっかりと比較して、安く済む業者を探してください。
インターネットの複数の引越し業者に見積もりを依頼できるサイトを利用すると良いでしょう。

節約生活を心がける

生活がスタートしてからも節約生活を心がけてください。

特に最初は仕事の付き合いで飲みに行かなければならないことも多いでしょうから、削れるところは削ってお金に余裕を持たせておくことが必要です。

光熱費や食費などで出来るだけ節約して、浮いたお金で休日に家族の元に帰ったり、生活を充実させるための趣味に当てるようにしてください。

特に1人暮らしを経験したことがない人にとって、どうすれば節約出来るのか分からないものです。
奥様に相談するなりして、節約ポイントを見つけましょう。

家族のケアを忘れない

仕事や家事の忙しさや寂しさから家族に対する心遣いをつい忘れがちになってしまいますが、長い間離れて暮らすことになるわけですから、それではいけません。

夫の単身赴任が原因で離婚に発展する家庭も少なくないということを忘れないでください。

定期的に電話やメールをしてこまめに連絡を取ったり、休みの日は家族に会いに行くようにしましょう。

夫婦間のコミュニケーションを十分に取っておくことこそが、円満な家庭を維持する大切なポイントです。

最後に

単身赴任は本人だけでなく、家族の生活もガラリと変えてしまう大きな問題です。

注意点をしっかり守って、お互いにとって充実した生活にしてください。

カテゴリ:単身赴任