単身赴任生活を充実させるための家具の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任になると家族と離れ離れになり、1人での生活が始まります。
新しい仕事に集中するためには生活環境も整えておかなければなりません。

工夫次第でいくらでも快適な生活を手に入れることが出来ますので、いろいろと考えてみましょう。

単身赴任生活を充実させるための家具の選び方

ここでは、単身赴任生活を快適なものにするために必要な家具の選び方についてまとめてみました。

冷蔵庫は冷凍庫付きのものを

単身赴任の場合は仕事が忙しくて自炊する暇はない、というイメージがあります。
実際に自炊することはほとんどなく、外食や買ってきたお惣菜で食事を済ませることが多いという人は多いようです。

自炊しないなら冷蔵庫は必要ないと思って引越しのときに用意しないケースもありますが、やはり冷蔵庫はあった方が良いでしょう。

ビールを冷やしたり奥様がたまに来て作りだめしてくれた料理を保存することも考えられます。

ここでおすすめなのが、冷凍庫が付いているものを選ぶことです。

冷凍食品は忙しいときにかなり役に立ちますし、お酒を飲むときに氷を毎回わざわざ買ってくるのも不経済です。

1人暮らし用の小さな冷蔵庫で十分なので、冷凍庫付きのものを購入するようにしてください。

電子レンジは安めのものでOK

電子レンジはオーブン機能が付いているかどうかでかなり値段に差があります。

男性の1人暮らしなのでオーブンを使うことはないでしょうから、オーブン機能の付いていない安めのものを選んでください。

電子レンジは買ってきたお惣菜や冷凍食品を温めるのに必要ですが、温め機能さえあれば十分です。

掃除機だけでなくハンディクリーナーを

特に普段掃除をする習慣がない人にとっては、掃除機を使って掃除をすることは面倒なものです。

だからといって汚れた部屋のまま過ごしているのは精神的にも良いものではありません。

掃除機を使って部屋を全体的に掃除するのは休みの日だけにしておいて、普段は汚れたところだけを手軽に掃除できるようにハンディクリーナーを用意しておくと便利です。

コンセントを使う必要もないので簡単に掃除をすることが出来ます。

テレビは必須

余計なお金はかけたくないので必要なもの以外はいらない、と思う人も多いようですが、テレビは1人暮らしの生活にとって重要な役割を果たします。

単身赴任生活は最初のころは孤独との闘いになりますので、テレビを見ることで気を紛らわせたり楽しみを見つけることにもつながります。

次の引越しのことも考えて小型のテレビはあった方が良いでしょう。

最後に

引越しの際の家具や家電選びは面倒かもしれませんが、出来るだけ奥様任せにせずに自分で選ぶようにしてください。

どのようなものがあれば快適に生活が出来るか、何が必要で何が不要かをしっかりと見極めることが大切です。

最初にすべて揃えようとせず、生活していく上で必要だと思ったものを買い足していく方法がおすすめです。

関連リンク

家具を選ぶときにも役立つ、断捨離の基礎知識。
シンプルで洗練された、綺麗な部屋を作りましょう。断捨離の方法と効果では、だれでも簡単にわかるように、紹介しています。
カメでもわかる断捨離の方法と効果

自動掃除機ルンバを使う家庭なら、ルンバが下を通れる「ルンバブル」な家具を選ぶ必要があります。ルンバブルな家具とはどのような家具なのか、購入前に気をつけておくべきいくつかのポイントを紹介しています。
ルンバブルな家具を選ぶ前のポイント

カテゴリ:単身赴任