単身赴任の引越し準備を30%楽にする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は単身赴任で働いている人が全国的にも増えてきているようです。
とくに大きな企業に勤めている場合は、いずれは単身赴任する日がくることを頭に入れて働いている人も少なくないでしょう。

しかし、家族と離れて別の拠点で自分ひとりが暮らし始めることになるわけですから、単身赴任を命じられたら誰しもドキッとするのではないでしょうか。

会社によっては単身赴任を命じられてから実際に異動するまでの準備期間が非常に短い、というケースもあります。

いざというときに慌てることのないように、引越し準備を出来るだけスムーズに済ませる方法を知っておきたいものですよね。

ここでは、単身赴任の引越し準備を楽に済ませるための方法をいくつかご紹介しましょう。

単身赴任の引越し準備を楽にする方法

リストを作成する

単身赴任の引越しで重要視したいポイントは、やはりなるべく早く、スムーズに引越し準備を済ませることではないでしょうか。

まずは引越しのために何をしたら良いのか、新生活に必要なものは何なのか、自分でリストを作成しておきましょう。

必要な手続きなどもリストアップしておけば、後で慌てずに済みますよ。

住居探し

単身赴任先での住居を用意してくれている会社であれば問題ありませんが、そうでない場合は自分で物件探しをしなければなりません。

単身赴任先の物件探しで注意しなければならない点は次の通りです。

  • 速やかに物件を決めること。
  • 会社から近い物件を選ぶこと。
  • 家具・家電付きの物件が望ましい。
  • 家賃の安い物件を選ぶこと。

単身赴任が決まってから引越しまで、やらなければならないことはたくさんあります。

もちろん離れる家族との思い出作りの時間も必要でしょうから、物件探しは出来るだけ短期間でスムーズに行う必要があります。

実際に赴任先の土地に行かなくても、今はインターネットを使って簡単に物件探しが出来ます。

希望の条件を入力するだけで条件に合った物件を見つけることが出来ますので、ぜひ利用してみてください。

引越し業者選び

単身赴任先に持っていく荷物が少なく、家具や家電付きの物件に入居するなら、場合によっては業者に依頼せずに自分で引越しが出来るかもしれません。

しかしそうでない場合は引越し業者を探す必要があります。

最近の引越し業者は学生や単身赴任向けの単身者向けサービスを用意しているところがほとんどなので、これを利用すると料金も安く済むでしょう。

家族のため、これからの生活のためにも、引越しにかかる費用は出来るだけ抑えておきたいものですよね。

インターネットの一括見積もりサイトを利用すれば、数多くある引越し業者の中から条件に合った業者をすぐに見つけることが出来るので便利ですよ。

家具・家電を揃える

単身赴任の期間は2~4年が平均ですので、家具は必要最小限のものだけ揃えるようにしましょう。
実際にお店に足を運ぶよりも、インターネットを利用して通販で購入する方が断然お得です。

また、単身赴任の期間があらかじめ分かっている場合は、家具をレンタルするという方法もありますので、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリ:単身赴任