単身赴任の時に必要な最小限の家電とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤の辞令が出て単身赴任することに決まったら、引越しまでのわずかな時間で様々な準備をしなければなりません。

その一つが、家電を揃えることです。

とは言え単身赴任することになれば家族との二重生活が始まるわけですから、出来るだけお金をかけないようにしたいもの。

必要最小限の家電だけ揃えて、無駄を省くようにしましょう。

単身赴任に必要な最小限の家電

単身赴任生活に必要最小限な家電とは、「これがあればとりあえず生活に困らないもの」です。

冷蔵庫

いくら自分で料理をしないと言っても、冷蔵庫は生活の必需品です。

これがないと奥様が定期的に来たときに作り溜めしてくれた料理を保存することも出来ませんし、ビールを冷やしたりすることも出来ません。

氷を作ったり冷凍食品を保存することも考えて、冷凍庫付きの冷蔵庫を用意することをおすすめします。

洗濯機

洗濯を自分でする時間がないから必要ない、と思うかもしれませんが、全てのものをクリーニングに出すのは大変不経済です。

自分のものだけなので毎日洗濯をする必要はないかもしれませんが、せめて休みの日にまとめて洗濯が出来るように、洗濯機は用意しておきましょう。

テレビ

テレビはなくても生きていけるかもしれませんが、家族と離れて1人暮らしをするということは想像以上に寂しいものです。

仕事の環境も変わるので、孤独に耐えきれなくて精神的にまいってしまうという人も少なくありません。

そんなときテレビがあれば気分転換にもなりますので、テレビは生活の必需品と言えるでしょう。

電子レンジ

単身赴任の食生活では買ってきたお惣菜や冷凍食品を温めたりするために電子レンジが必要不可欠になります。

オーブン機能の付いていないものなら比較的安く売っていますので、揃えておくことをおすすめします。

暖冷房器具

必要に合わせてストーブやエアコンなどの暖冷房器具は必要です。

エアコンは高くてもったいないと思うなら扇風機を用意しておきましょう。

あまり家にいる時間が長くないとは言え、家の中が寒すぎたり暑すぎたりすると生活の快適度が失われてしまいます。

掃除機

1人で生活するわけですから毎日掃除機をかける必要はないかもしれませんが、休みの日に部屋を掃除しておかないといつの間にか大変なことになってしまいます。

掃除機がないと手軽に掃除が出来ませんので、安いものを1台用意しておきましょう。

炊飯器

おかずは買ってきたもので済ませるとしても、ご飯まで毎回買ってきたものを食べるのは不経済です。

1人暮らし用のサイズの炊飯器を用意しておけば、とりあえずお米さえあれば困ることはないでしょう。

最後に

この他のものは生活を始めてみてから、必要だと思ったときに徐々に買い足すようにしてください。

単身赴任が終わったときに処分しなければならない家電を最小限に抑えるためにも、最初から何でも揃えてしまうのはもったいないでしょう。

カテゴリ:単身赴任