単身赴任が決まった!引越しまでに必要な3つの心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任が決まると、自分だけでなく家族全員の生活がガラリと変わることになります。

新生活への不安が大きい中で、限られた時間で引越し準備を進めていかなければなりません。

単身赴任が決まってから引越しを終えるまでの時間をどう過ごすかで、スムーズに新生活を始めることが出来るかどうかが決まるのです。

単身赴任の引越しまでに必要な心得

安く引越せる方法を考える

単身赴任するということは、家族と離れて1人の生活が始まるということです。
つまり二重生活のスタートです。

最も心配なのは経済面でしょう。
それぞれの場所で生活をしていくわけですから、今までよりお金がかかるようになるのは当然のことです。

生活費だけでなく、新しい家具を購入する費用や、帰省するときのための交通費なども考えなければなりません。

少しでも余裕を持って単身赴任生活を始めたいなら、まずは引越しにかかる費用を節約することを考えてください。

最近は安く引越せる単身パックを用意している引越し業者もたくさんありますし、引越しの日時や時間帯も工夫次第で何割も安く済ませることが出来るのです。

家具もリサイクル品を利用すればかなり節約することが出来るはずですよ。

単身赴任のメリットを見つける

単身赴任...と聞くと、お金がかかる、家族と離れて寂しい、自分で家事をしなければならない...など、デメリットばかり思い浮かぶものです。

しかし、暗い気持ちで新生活を迎えるのはやめてください。

確かに慣れるまでは大変かもしれませんが、考えようによっては自分の時間が今の何倍にも増え、趣味や資格の勉強に使える時間ができ、誰にも気を使うことなく自由に生活を送ることが出来るようになるのです。

自分好みの部屋に住むことだって出来ます。

単身赴任生活を少しでも楽しむことが出来るように、今から目標をたてておくのもおすすめです。

そのためにも出来るだけ環境の良い部屋に引越すことが出来るように、物件探しにも力が入るのではないでしょうか。

家族との連絡方法について考える

家族と離れて暮らすようになると、心配事もたくさんあります。

  • 体調を崩したとき1人だと心細い
  • 妻に浮気されるのではないか
  • 子供たちに忘れられてしまうのではないか

など、不安は尽きません。

そんな不安を解消するためにも、引越し前に家族との連絡方法について決めておきましょう。

例えば何曜日の何時には必ず電話で話をする、月に何回は帰省する、連絡用に通話料無料のIP電話に加入しておくなど、あらかじめ決めておけばお互いの不安も小さくなるはずです。

最後に

単身赴任には大きな覚悟が必要です。
引越しまでに考えておかなければならないことは山ほどあるでしょう。

仕事の引き継ぎや引越しの荷造りで大変な時期かもしれませんが、心得ておかなければならないことがあるということを決して忘れないでください。

カテゴリ:単身赴任