単身赴任生活を100%上手く乗り切るための4つのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族と離れて1人で暮らすことになる単身赴任生活は、上手くやっていかないと危険です。

生活が荒み仕事にも集中出来なくなるような事態を招かないように、コツを知っておいてください。

単身赴任生活を上手く乗り切るコツ

コツさえ掴めば単身赴任生活もなかなか楽しいものになります。

料理教室に通う

昔に比べれば料理が出来る男性も増えてきていますが、まだまだ全く料理をしたことがない、という人もいます。

そんな人が1人暮らしを始めても、簡単に料理が出来るようになるものではありません。

自分で作っても美味しくないので結局は外食やお惣菜に頼るようになり、気が付けば健康を損ねていた...なんてことにならないように、料理教室に通ってみてはいかがでしょうか。

最近は男性専用の料理教室も増えてきており、通っている男性も珍しくありません。

料理することの楽しさを知れば自炊も苦ではなくなるでしょうし、単身赴任を終えて家族の元に戻ったときに、奥様を驚かせることも出来ます。

没頭できる趣味を見つける

1人暮らしの寂しさを埋める何かを見つけてください。

家族と離れて1人で暮らし、仕事でも新しい環境の中に入っていくわけですから、単身赴任生活は孤独と共に始まります。

孤独に耐えきれずにうつ状態になっていく人もいます。

そのような状態を避けるために必要なことは、自分の中での楽しみを見つけることです。

仕事以外に没頭できる趣味があれば、生活も潤ってきます。

効率的な家事のやり方を考える

普段家事をしない男性にとって、家事は大変面倒に感じるものです。

効率的に済ませる方法も知らないので時間がかかり、さらに面倒になっていきます。

例えば洗濯や掃除をする曜日を決めたり、掃除機をかけなくても汚れた箇所だけ掃除できるクリーナーを使用したり、自動掃除機のような便利なものを使ってみるのもおすすめです。

家事を面倒だと思わなくなれば、いつも快適な環境を保つことが出来るようになります。

節約ポイントを知る

単身赴任生活を上手くやるためには、節約が必要です。

家族との二重生活を続けていくためにはお互いが削れるところを削っていかなければなりません。

電気やガス、水道などの光熱費や食費などをどうすれば節約出来るのか考えてみてください。

洗濯やアイロンは面倒かもしれませんが、毎度クリーニングを利用するのは経済的におすすめ出来ません。

上手く節約してその分のお金で休日に家族の元に帰るようにすれば、家族がバラバラになってしまう心配も必要なくなります。

最後に

自分の生活で手一杯になってしまう気持ちは分かりますが、離れて暮らす家族へのケアも忘れずに過ごしてください。

単身赴任を終えて家族の元に戻ったときに、自分の居場所がない...なんてことにならないように努力も必要です。

家族のありがたみを忘れないように、今できることからやってみましょう。

カテゴリ:単身赴任