単身赴任の食事生活を楽にするためのポイント5つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任で1人暮らしすることになると、最も不安なのが食事生活ですよね。

離れて暮らす奥様にとってもそこが一番気になるところでしょう。

家事の経験がない人にとって仕事の合間に食事の支度をするのは大変なことなので、ついつい外食やインスタント食品に頼ってしまいがち。

でもそんな生活を続けていると健康面が心配になるので、出来るだけ栄養バランスのとれた食事を摂りたいものです。

単身赴任の食事生活を楽にするためのポイント

栄養バランスのとれた食事を楽に用意するためにおすすめのポイントをまとめてみました。

カレーで栄養満点に

初めて料理をする人がまず作ってみるのが、カレーではないでしょうか。

カレーは市販のルーを使えば誰にでも失敗なく作ることが出来ますし、野菜も豊富に入っているので栄養バランスも優れています。

野菜を切ったり炒めたりするくらいしか経験のない男性にでも簡単に作れてしまうので、とりあえずカレーさえ作れれば心配はありません。

じゃがいもやにんじんやタマネギといった基本的な野菜だけでなく、ほうれん草やトマトなどいろいろな野菜を入れて自分流のカレーを作ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

簡単にお腹を満たす丼飯

カレーの次のおすすめの簡単料理が、丼飯です。

丼飯は「男の料理」と呼ばれているように、作るのも簡単でボリュームも満点。
簡単にお腹を満たしてくれる料理です。

カツ丼や親子丼などは少ない食材でもすぐに作れてしまいますし、一度にお腹を満たしてくれるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

料理に慣れてきたら、オリジナルの丼飯を考案してみては?

冷凍保存でいつでも手軽に

料理を作って冷凍保存しておけば、いつでも手軽にチンするだけで栄養満点の食事を摂ることが出来ます。

野菜たっぷりのハンバーグや煮物、唐揚げなども冷凍保存可能ですので、奥様が定期的に会いに行ったときに作り溜めしておいてあげるととても楽になると思います。

1週間分の食材を買いだめ

平日は仕事で遅くなるでしょうから、食事の支度をするためにまずスーパーに買い物に行って...ということを考えるとつい面倒になって外食で済ませてしまいがちです。

そこで、お休みの日に1週間分のメニューを考えてまとめて食材を買いだめしてしまいましょう。

そうすれば毎日献立を考える手間も買い物に行く手間も省くことが出来ますよ。

食材宅配サービスの利用

休みの日は溜まっている家事もやらなければならないし、出来れば寝ていたい...という人は、食材宅配サービスを利用するのもおすすめです。

専門家の考えた栄養バランス満点の献立と、それに使う食材を届けてもらうことが出来ますので、これなら離れて暮らす奥様も安心ですよね。

少々値段は高くなりますが、扱っている食材も安全性の高いものばかりなのでぜひチェックしてみてください。

最後に

このように工夫次第で単身赴任のお父さんの食事生活はいくらでも楽にすることは可能です。

体調万全で仕事に集中出来るように、奥様も一緒に考えてみてくださいね。

カテゴリ:単身赴任