最大50%割引も!単身赴任の引越しにかかる費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任が決まったら、まず気になることは何でしょうか。

  • 家族と離れて暮らすことへの不安
  • 新しい土地で1人でやっていくことへの不安
  • 短時間で引越し準備しなければならないことへの不安

などいろいろあると思いますが、やはり一番の不安と言えば金銭面ではないでしょうか。

家族と離れた場所で生活することになるわけですから、両方でお金がかかることになります。

会社から手当ては支払われるでしょうが、もちろんそれだけで賄えるものではないでしょう。

子供たちも習い事や進学で何かとお金がかかってくる時期なら尚のこと、出来るだけ節約していかなければなりませんよね。

まず、単身赴任の引越しにはどれくらいの費用がかかるのか、どうすれば少しでも節約して引越しすることが出来るのかを考えてみましょう。

単身赴任の引越しにかかる費用

引越し業者に支払う費用

もし引越し業者に依頼せずに自分で荷物を運んで引越しが出来るのなら、それが一番です。
1人分ですから荷物はそれほど多くないはずですし、あとは単身赴任先が自分で荷物を少しずつ運ぶことが出来る距離であれば問題はないでしょう。

しかしそうでない場合は、やはり引越し業者に依頼しなければ、引越しは難しいはずです。

単身赴任で荷物が多くないとはいえ、やはり引越し業者に依頼すればそれなりの費用はかかります。

それをいかに節約するか、というのが問題でしょう。

引越し業者は数多くありますが、実は同じ引越しでも料金には大きな差があるものです。

数ある引越し業者の中から、単身赴任向けの単身パックなどが用意されている業者を選ぶようにしましょう。
それだけでもかなり、引越し費用を節約することが出来ますよ。

インターネットの引越し業者一括見積もりサイトを利用すれば、無料で条件に合った引越し業者を見つけることが出来るのでぜひ試してみてください。

家具や家電にかかる費用

単身赴任先でももちろん、新しい家具や家電を揃える必要があります。

ただ、単身赴任の期間は平均2年前後で終了することがほとんどなので、すべて買いそろえるのはもったいないですよね。

自宅にあるものを運んで使ったり、中古品を購入するなどして、なるべくお金をかけないようにしましょう。

最近は家具、家電のレンタルを利用する人も増えてきているようですよ。
単身赴任が終わったら処分しなければならないことを考えれば、その方がずっとお得かもしれませんね。

いずれにしろあまり大きな家具や家電は必要ありませんので、出来るだけコンパクトなものを選ぶのがお勧めです。

生活にかかる費用

単身赴任先での生活費は、意外とかかるものです。

仕事で遅くなって家に帰っても当然食事は用意されていませんから、つい外食する機会が増えてしまうでしょう。
外食が続くと出費もかなりのものになります。

食費の他にも、電話代や電気代、水道代、ガス代などの公共料金は絶対にかかります。

せめて食費だけでも節約出来るように、出来るだけ自炊するようにしましょう。

最後に

もちろんその他にも、引越し先の近所への挨拶の粗品にかかる費用や、週末に家族のいる自宅に帰省するための交通費なども考えなければなりません。

上手に工夫すれば引越しにかかる費用を半額くらいまで節約することも可能ですので、家族で協力して頑張ってみてください!

関連リンク

単身赴任は責任を任せられる年。特に30歳付近は結婚も本格的に視野に入ってきます。
しかし、アラサー世代は出会いが減ってくるのも事実。。。
そこで、アラサーの方は結婚相談所を利用して、理想の結婚相手を探す人も多いです。
アラサーのための結婚相談所

断捨離という新しいカタチの整理整頓のコツがあります。実行するとスッキリとした部屋を作ることができるのですが、断捨離は上手く活用することで、写真の整理にも力を発揮します。
捨てられない写真、けっこう多くないですか?
IT革命!断捨離を使った写真の整理術

カテゴリ:単身赴任